calivintage:

(via Fields of Gold)
kcalend:

poeiti:








 高村暦 ‏@takamurakoyomi 

【0607FPI】 西瓜鯨油社(委託、両日販売有) 『灰の公園』 (2013.3.11/A5セミカラー26p/200円) 《除染》詩歌写真集。放射能のホットスポットと報道された千葉県柏市で暮らし、詠み、撮った記録。 #poeiti pic.twitter.com/lL835WJB8k

福岡ポエイチさんで置いていただきます。なお、在庫僅か。本州を出るのは、たぶん初めて。

見てみたい。

kcalend:

poeiti:

【0607FPI】 西瓜鯨油社(委託、両日販売有) 『灰の公園』 (2013.3.11/A5セミカラー26p/200円) 《除染》詩歌写真集。放射能のホットスポットと報道された千葉県柏市で暮らし、詠み、撮った記録。

福岡ポエイチさんで置いていただきます。なお、在庫僅か。
本州を出るのは、たぶん初めて。

見てみたい。

kcalend:

«Ça-a-été»(それは-かつて-あった)
-Roland Barthes


写真は、今は既に失われたものが過去には確かに存在したということしか保証できない。
『明るい部屋 写真に関する覚書』でバルトが、自らの母の写真を手がかりに、そのほか自分をとらえる多様な写真を示しながら掲げた概念だ。
この概念は、写真一般の存在論を語るには不足が多い、というのが近年の見方である。
だが、どんな写真にも当てはまらないわけではない。おそらく遺影というた類のものはみな、この性質をよすがにしているといえるだろう。

それからこの概念は、別の使い方もできる。

上に掲げた写真は、それぞれ、ある場所が失われた直後の写真だ。
上から順に
・成文堂書店(早稲田店)
・喫茶「らんぶる」跡地(早稲田)
(※左は跡地の撤去直後、右は今年6月初旬)
・ファミリーマート(早稲田/現・日高屋)
・文鳥堂書店(神楽坂)
・早稲田大学戸山キャンパススロープ横、メタセコイアの並木(一部/現在は道路への階段と門を新設)

閉店直後というのは、まさに、その店がかつてあったこと、そして今はもうないことを、如実に示すことができる。あとに何も作られていない空白の土地も。
ふつうは Ça-a-étéは過去の「実在(存在)」に力点がある。たとえば死者の生前の写真、ある人の若い頃の写真などだ。だがこれらの写真はむしろ、「不在」に力点を置いた(と、いうより、自然と不在の標識を撮っていたのだが)。前者よりは、メタ情報の参照をそれほど多く必要としない、と思う。訴えかけるかどうかは別として、不在の記号を伝えることはできるのではないか、と。
ただ、こうして改めて見てみると、不在なのか「未在」なのか、つまり
「それはここにもう存在しない(Ceci-n’est-pas-ici-jamais)」
なのか
「これからここになにか存在しようとしている(Quelque-chose-sera-ici)」
なのか、記録した私自身にも分からなくなってくる。

果たして不在=未在の強調は、新たなÇa-a-étéの解釈として、テーマとしてならば、機能するだろうか──。
ともあれ暫くは、指の動くに任せよう。

面白い。

kcalend:

吉田恭大※「動物1(自動保存済み)」
(土岐友浩編『二角(イエロー)』2013 所収)

 一見すると前衛的だが、背後にどこか論理的な思考回路を滲ませた作品。予断にすぎないが幾つかは夢の記述であろうと感じる。

 25の短い節からできている。落ちがつくようでつかないものが大半だが、なぜか笑いを誘うような節、いささか悲しくなってくるような節が多い。

なるほど、でした。面白かったです。

instagram:

Chasing Adventure with @ourwildabandon

For more photos and videos from Jill and Kyla’s adventures, follow @ourwildabandon on Instagram.

Though Canadian Instagrammers Kyla Trethaway and Jill Mann (@ourwildabandon) had been acquaintances for a while, it wasn’t until they bonded over their shared longing for adventure they became fast friends. Weary of dead-end jobs and craving an experience they would remember for life, the two decided to make the leap.

"Half joking, half serious, we started hatching out a plan of leaving our boyfriends, quitting our jobs and taking off across the country with no destination or return date," Kyla says. "One afternoon, a couple months later, I sent Jill a text that just read, ‘Actually, do you want to go Salt Lake city? If we left now, we could watch the sun rise on the salt flats. Please say yes.’"

That first adventure was the taste of freedom they needed. “We went back to Vancouver with a new sense of motivation, put our heads down and saved every penny we could. In the summer we bought our trailer, Bobby Jean, and gave notice at our jobs.”

Nearly four months and eight states later, the pair are still on the road. Their feed is a series of breathtaking photos and precious memories of their experiences, often accompanied by creative and witty hashtags. “The hashtags started as a way to make each other laugh on our long drives,” they explain. “It’s a way to show that we don’t take ourselves too seriously because, truly, we don’t.”

From monster truck rides to sunsets on the white sands, an accidental night in jail to sliding into snowbanks, feeding alligators and running through a live lightning storm in the desert, their trip is proving to be unforgettable.

"I think what ‘Our Wild Abandon’ is really about is choosing to live with a different perspective and committing to a path or an idea that’s going to better your life," Kyla adds. "It’s about not being complacent, not letting yourself get steered off a path you’ve set and being hyper aware of the beauty in the people, places and situations you find yourself in and around. Whether you are at home or in a Wal Mart parking lot in the middle of nowhere Texas, you need to be responsible for your own happiness."